痩せ型・細い人は、妊娠線もできやすい?それとも、みんなできるの?

妊娠して妊娠線ができやすいのは、どのような体型の女性なのでしょうか?

それは痩せている女性です。痩せており小柄な体型の女性にできやすいと言えます。

leimhbbe

なぜなら妊娠線は胎児が大きくなり急激にお腹の皮膚が引っ張られ、その伸びについていけなくなり真皮が傷つくことで起こるからです。

ですから急にお腹が大きくなると妊娠線もできやすくなり、小柄で痩せている女性はなりやすいというわけです。

では太っている女性は妊娠線はできにくいのでしょうか?

実は体型に関係なく妊娠線はできるもの

非妊娠時に痩せている方、小柄な方などは、普段は皮膚の余裕はないものです。

皮膚も引き締まっている美しいスタイルでしょう。そこからお腹が大きくなることで、皮膚が伸びについていけなくなり、妊娠線ができてしまうんですね。

ただ妊娠線は体型に関係なくできるものです。もちろん小柄な女性は皮膚に余裕がない分、余計妊娠線ができる可能性が高くなりますが、太っているからといって妊娠線ができないわけではありません。

妊娠線は急激に体重が増え、肉割れが起こったものなので痩せている太っているに関係なくできるものです。ですから体型に関係なくできるんですよ。

また妊娠中は食事に注意をはらっている人も多いでしょう。なるべく新鮮な野菜や肉、魚をバランス良く食べるようにしたり、サプリメントで足りない栄養素を補う女性も多いです。

食事の写真

しかしつわり時になると食べ物の匂いで気分が悪くなり、時には水すら飲めなくなる女性も多いんですね。

その一方で食べづわりといって、逆に食べていなければ気分が悪いという女性もいます。

そうなると当然体重は一気に増えますし、一気に増えた体重はお腹を大きくしますから妊娠線ができやすくなるでしょう。

このように体型に関係なく妊娠線はできてしまうものなんですよ。太っているから大丈夫と思っていると妊娠線が出来てしまうかもしれませんよ。

皮膚の乾燥も妊娠線ができる原因のひとつに

また皮膚が乾燥していると、妊娠線ができやすいです。痩せている太っているに限らず、乾燥肌の女性は妊娠線ができやすいことを覚えておきましょう。

皮膚は外側からケアすることで保水効果や皮膚の柔軟性を保つことができます。油分と保湿が大事なんですよ。

妊娠線専用のクリームやマッサージクリームは、塗るだけではなく適度にマッサージをほどこすことで血行のめぐりもよくなります。

マッサージは基礎代謝もアップさせることができますから、脂肪燃焼につながるため、引締め効果も狙えます。

コラーゲン組織が破壊されることで妊娠線はできますから、その成分を補うことができるクリームでマッサージをするとよいでしょう。

<何よりも大切なことは、毎日忘れずケアし続けることです。>

クリームやオイルをたっぷり塗り、マッサージを行うのもよいです。

保湿力が高いクリームやオイルを使うのなら、1日1回から2回、保湿力があまり高くないクリームを使うのであれば1日複数回は使って保湿をするのがよいですね。

食事も妊娠線に関係がある

妊娠線は体重の急激な増加が原因だと述べました。ですから低カロリーで低脂肪、そして栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

ファストフードを好んで食べていた女性は、控えめにすることです。野菜や食物繊維の豊富な食事を取り入れ、バランスのよい食事を続けましょう。

また妊娠線は皮下組織のコラーゲンの亀裂が原因ともいわれますから、コラーゲンの豊富な食材を積極的に食べるのもよいですね。

コラーゲンが多く含まれる食材と言えば何でしょうか?

動物性の食材でいえば、豚足や鶏の皮、手羽先や牛すじにコラーゲンが多く含まれます。

海洋性ならすっぽんやフカヒレ、なまこやカニ、エビなどにコラーゲンが含まれています。その他ゼリーや杏仁豆腐などにもコラーゲンがありますから、このような食材を積極的に摂ることで妊娠線予防につながるんですよ。

ただしコラーゲンが豊富な食材は高カロリーなものが多いため、食べすぎには注意しましょう。

その他の予防方法を取り入れて複合的に妊娠線を作らない

体型に関係なく体重が急激に増加することで、妊娠線ができると紹介してきましたが、ほかにも妊娠線予防として効果的な方法があります。

一番は肌に負担をかけないということなんですよ。妊娠中に着用するさらしやガードル、コルセットを上手に使って適度にお腹を支えるとよいでしょう。

皮膚が引っ張られるのを抑えてくれ、伸びるのを少しでも少なくしてくれます。

伸びのよい肌を作るには?

妊娠線を予防するためにできることは、伸びのよい肌を作ることです。伸びのよい肌作るために保湿ケアは重要ですね。

そのためには妊娠線専用のクリームやオイルを毎日使って肌ケアをすることが一番です。

クリームなら塗るタイミングはお風呂あがりがオススメです。体が温まっているのでクリームもよく肌に馴染み浸透してくれます。

とくに乾燥が気になってくる冬場には、1日2回朝と晩に塗るとよいでしょう。

オイルを塗るタイミングもクリームと同じく、お風呂あがりが適切です。

クリームでスキンケアをする女性

お風呂あがりは肌が水分を吸って潤っていると思っている女性も多いですが、実はお肌を潤す保湿分子が流れ出た状態なので、もっとも乾燥しやすいタイミングなんですよ。

そのためお風呂あがりにオイルを塗ることでお肌に潤いを与えることができます。

2回以上オイルを重ねて塗ることで肌は常に保湿された状態になるんですよ。出来る限り朝とお風呂あがりにはオイルを塗るように心がけましょう。

オイルはクリームと違い、伸びがよいため量は数滴で充分です。手のひらに取り、手でこすり合わせて温めてから塗ると浸透力が高まりますよ。

塗り方にもポイントがあり、妊娠線にそのままオイルを塗るのもよいですが、リンパに沿って塗ることによりたるみを防止することに繋がります。

血流もよくなりますし、冷えも改善されるため、冷えが大敵の妊婦さんにはオススメの塗り方ですね。

妊娠線はお腹だけにできるものではない

あなたは妊娠線は大きくなるお腹だけにできると思っていませんか?

実はそれは大きな間違いです。妊娠線は思わぬところにできてしまいます。後々になって気づいて失敗したと思わないように、妊娠線ができやすい箇所を普段からケアしてあげましょう。

とくに妊娠線ができやすいのはバストです。妊娠するとバストも大きくなるため、臨月までには2カップは大きくなると言われているんですよ。

バストが大きくなるのは女性にとっては嬉しいことですが、妊娠線ができるとなれば話は別でしょう。

急にバストが大きくなり、皮膚がつっぱってきたら要注意。さらに油断しがちなのがバストの下です。正面から見て綺麗なバストでも、バストの下や横に妊娠線ができることも多いですから、注意してケアを続けましょう。

また腰やヒップにかけても妊娠線はできやすいです。痩せていた女性も、妊娠すると、これほどまでに腰回りが大きくなることにびっくりするでしょう。

お腹だけにとらわれず、腰やヒップも大きくなるので、クリームやオイルでケアをすることを忘れないようにしましょう。

また太ももの内側にも妊娠線はできやすいです。胎児が大きくなるにつれ、骨盤が開いてきますから、太ももに肉がつきやすくなります。

食事制限をしていても、太もも周りが太くなってしまうんですよ。人間の肌はコラーゲンなどの皮下組織で弾力を保っています。

しかし急激に筋肉や脂肪がついてしまうと、皮膚の組織が裂けてしまうんですよ。下半身が太りやすい体質や、乾燥肌の女性は、クリームやオイルで下半身をしっかり保湿することも忘れないようにしましょうね。

窮屈なスキニーやミニスカートなどで足を冷やさないことも大切です。妊娠中のボトムスはゆったりした動きやすいものがよいでしょう。

痩せている女性だけではなく、誰にでも妊娠線はできる

小柄で痩せている女性はやはり妊娠線ができやすいでしょう。しかし体型に関係なく妊娠線はできます。

自分が小柄だから妊娠したら必ず妊娠線ができるのでは、と思っている女性も、実はそうでないことがわかりましたね。

妊娠線は肌が硬い人におもにできやすいですから、小柄な女性でも肌が柔軟で伸びがよければできにくいです。

小柄だから太っているからに関わらず妊娠線のリスクはありますから、妊娠したら早めの肌ケアが大切なことを覚えておきましょう。

テキストのコピーはできません。