妊娠線は、お腹の正中線にできるの?

正中線は産まれながら男女共に持っているものですが、妊娠してお腹が大きくなる妊娠20週前後から目立つ女性が多いです。

正中線とはお腹の真ん中あたりにできる縦線で、普段は一見分からないほど薄いもの。

しかし妊娠してお腹が大きくなることにより、皮膚が薄くなるため正中線が目立ってしまいます。

しかし正中線は男女共に持っているものなんですよ。

正中線に妊娠線ができやすい理由とは、一体何なのでしょうか?

実は正中線と妊娠線は全く別物

正中線が茶色くなり、妊娠線だと思っている妊婦さんも多いですが、実は正中線と妊娠線は全くの別物です。

正中線はメラニン色素が増えできるものであり、妊娠線はお腹が急に大きくなり、皮膚が避けることでできるんですよ。

妊娠線は1度できると薄くはなるものの、生涯消えることはありません。

ymedttc

しかし正中線は出産後ホルモンバランスが整っていくことで薄くなり、目立たなくなります。つまり元の状態に戻すことができるんですよ。

また、妊娠すると乳首や外陰部、お腹の産毛なども濃くなりますが、同じく出産後ホルモンバランスが整っていけば元に戻るものなので、あまり気にしないでくださいね。

妊娠した際の正中線はいつ消えるのでしょうか

妊娠線ができると正中線も目立ちますが、その正中線が薄くなるのは、いつごろなのでしょうか?

正中線は個人差はあるものの、出産後半年から1年かけて薄くなり目立たなくなります。しかし1年以上残る場合もあるんですよ。

ですから、産後すぐに正中線を薄くしたいと思っている女性は、妊娠線専用のクリームを使い、正中線の部分を保湿をしっかりを行いましょう。

お肌が潤うことにより新陳代謝がアップしてメラニン色素が排出されます。

妊娠線予防のために、マタニティの頃から妊娠線専用クリームを塗るのも良いですが、産後残ってしまった妊娠線や濃くなってしまった正中線を薄くするためには、バイオイルというオイルが効果的でしょう。口コミでも評判になっているオイルです。

また新陳代謝を促すには睡眠をしっかりとる必要もあります。

新生児のお世話で夜中になかなか眠れないママも多いですが、家族の協力も得ながら、まとまった睡眠を確保することも大切でしょう。

正中線を早く薄くするための方法とは?

さらにビタミンCをたっぷり摂取することもおすすめです。

ビタミンCはメラニン色素を排出する役割を担っており、肌の新陳代謝を高める効果があるんですよ。さらにコラーゲンの生産も促してくれるため、産後は積極的に摂りたいビタミンです。

ビタミンCは果物や野菜から摂取できますが、新生児のお世話で忙しいママにとって、バランスの良い食事をゆっくり食べることは難しいでしょう。

忙しいこの時期にはサプリメントでビタミンCを摂ることもオススメです。正中線を早く消したい場合はビタミンCの摂取が望ましいということですね。

ただ、母乳をあげているママの場合は、サプリメントが母乳に影響があってはなりませんから、成分を細かくチェックし、安全なサプリメントを選ぶようにしましょう。

正中線専用のクリームもあることを知っておくこと

妊娠線と正中線は全くの別物と分かりましたが、とにかくお腹の真ん中の茶色の縦線が気になるという女性は正中線専用のケアクリームも販売されています。

妊娠線予防のクリームでケアをするより正中線専用のクリームでケアをすると効果的でしょう。

また美白効果のあるクリームで保湿ケアを行いましょう。しかしどうしても綺麗に正中線を消したいと思うのなら、美容外科でレーザー治療という方法もあります。

産後、なかなか正中線の黒ずみが元に戻らなくて悩んでいるのなら、最終手段として美容外科も視野に入れると良いかもしれません。

では妊娠線とはどういうものなの?

正中線に妊娠線ができるわけではありませんが、妊娠線はどこにできるかご存知ですか?

もちろんお腹にもできますが、急激に皮膚が引っ張られることにより、また体重も増えるため、お腹や二の腕、バストや太ももなどにも現れます。

妊娠中はプロゲステロンという女性ホルモンが赤ちゃんを育てるために増加します。

しかしこのプロゲステロンが増加することで、肌が乾燥しやすくなり、肌が乾燥した状態でお腹が大きくなることでひび割れが起きます。ですから妊娠線ができてしまうんですよ。

正中線はそのままにしておいても良いが、妊娠線はケアが必要

正中線は産後ホルモンバランスが整うにつれ、元の状態に戻っていきますが、妊娠線はそうはいきません。

妊娠線をそのまま放置しておくと、妊娠線はどんどん増え、出産後はゴワゴワした太ももやカサついた乾燥したお腹になる可能性があるんですよ。

また1度できた妊娠線は消えないと言いますから、放置してはいけないんです。

プレママの女性で、まだ妊娠線ができていないから大丈夫、そう思っている女性も注意が必要です。お腹にかゆみが発生したり、何となくカサついている、乾燥してきたと感じたなら、それは妊娠線ができるサインだと考えて良いでしょう。

妊娠線はできてしまってからのケアは大変難しいため、妊娠初期からのケアが非常に大切なんですよ。

ただ、しっかり対策を取っていれば、できてしまった妊娠線も薄くすることは可能です。個人差もありますが、目立たなくなるほど薄くすることは可能なんですよ。

出産後もいつまでも綺麗なママでいたいと思うのなら、妊娠線予防は早め早めに取っておくことが大切ですね。

ホルモンバランスが崩れるとメラニン色素が生成される

女性には2つの女性ホルモンがあり、エストロゲンとプロゲステロンというものがあります。このホルモンは生理、妊娠や出産に大きく関わってくるものなんですよ。

特にプロゲステロンという女性ホルモンは、メラニン色素に大きく関与しています。

プロゲステロンは基礎体温をアップしたり、子宮内膜やその周囲の血流量を上げ、受精卵が着床しやすい状態を作ってくれます。

その後、受精卵が無事着床した後、プロゲステロンはメラニン色素を生成する、メラノサイトという色素細胞を刺激してしまうんですよ。

ですから、プロゲステロンが増えるほどメラニン色素が多く生成され、正中線がより濃くなってしまうのです。

正中線ができにくい女性もいる

妊娠するとおよそ70%ものプレママに正中線ができると言いますが、実はできないプレママもいます。

それは日焼けしにくい人です。紫外線を浴びても黒くなることなく、赤くなるだけで終わる女性は本来メラノサイトが刺激されても、メラニンが生成されにくい体質なんですよ。ですから正中線もできにくいんです。

また肌の代謝が良い人も正中線ができにくいでしょう。妊娠するしないに関わらず、規則正しいライフスタイルを送っている女性は、肌の代謝が良い状態です。

肌の代謝が良いということはメラニン色素がスピーディに排出され、沈着しにくい体質を作ってくれるんですよ。

ですから体質、妊娠前の生活が正中線ができるか否かを左右すると言っても過言ではありません。

ストレスをためず、時間をかけてケアすることで正中線は消えていく

妊娠線専用のクリームは数あれど、正中線専用のクリームは少ないです。しかし販売されいないこともありません。

正中線はメラニン色素を抑制することができるクリームを使う必要があります。

このように正中線は妊娠線とは全く異なるものですから、あまり考えすぎず、じっくり時間をかけて正中線が薄くなるのを待ちましょう。

少なくとも半年、1年は待ち、ストレスを抱えないことが大切です。

テキストのコピーはできません。